ビタミン・ミネラルを配合した“飲むサプリメント”、ブイ・クレスの公式サイトです。

ブイ・クレス公式サイト

雑誌『栄養と料理』連動
管理栄養士さん×ブイ・クレス

たたかう やさしい科学者たち。

ブイ・クレスを発売して20年以上。今では病院や介護福祉施設にとどまらず、在宅介護やスポーツ栄養の分野、美意識の高い女性の方、または身近な日常のサプリメントとして、さまざまな方面でご活用いただけるようになりました。そのなかでブイ・クレスともっとも長い期間、もっとも近い存在であった職種は「管理栄養士」です。ブイ・クレスの20年は、管理栄養士の皆様に支えられた20年と言っても過言ではありません。
管理栄養士の皆様と長年ともに歩んできたニュートリーは、"やさしい笑顔の奥に科学者としての志を静かに秘めている管理栄養士"という職種を尊敬しています。そしてその姿は、"かわいらしいパッケージとおいしいテイストに、科学的根拠に基づいて設計されたブイ・クレス"と重なっているようにも思えます。
雑誌『栄養と料理』と連動した「たたかうやさしい科学者たち。~管理栄養士連続リポート~」をご覧ください。

管理栄養士さんの2人にひとりは知っています。 管理栄養士さんは自分のために飲んでいます。

調査内容:「管理栄養士の企業・製品認知度調査」に関する調査/調査目的:当社および当社製品に関する管理栄養士の認知度の把握/調査時期:2015年6月25日〜6月30日/調査対象:管理栄養士・栄養士のコミュニティ エイチエ会員/回答総数:242名/調査方法:WEB調査/調査主体:ニュートリー株式会社

  • Vol.1
  • Vol.2
  • Vol.3

地域栄養サポート自由が丘
在宅訪問管理栄養士 米山久美子氏

栄養の専門家が持つ、目には見えない「科学」と「技」。

活動の拠点「地域栄養サポート自由が丘」のある木下皮フ科 医師 木下三和子氏(右)、 同僚の管理栄養士 村上奈央子氏(左)

わたしとブイ・クレス

医師でも看護師でもなく、
管理栄養士だからできること。

米山氏は、在宅療養者・介護者を訪問して栄養指導をする「在宅訪問管理栄養士」である。東京・自由が丘にある木下皮フ科内の「地域栄養サポート自由が丘」を拠点に活動している。木下医師、米山氏、同じく在宅訪問管理栄養士の村上氏の3名が、この事業所の主戦力チームだ※1。病態によって内科医師や歯科医師、訪問看護師、介護ヘルパー、理学療養士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、ケアマネジャーなど、さまざまな職種で構成される在宅ケアチームの中にあって、管理栄養士はとても重要な役割を果たしているという。「食事は生命活動の"真ん中"にあってあらゆる物事につながっています。私たちは『栄養の根拠』を示すことで、さまざまな職種を有機的につなぐことができるのです。医師は病気を治療し、理学療養士はリハビリを進めます。たとえばその中で筋肉を保つために必要な栄養素が足りていなければ、食事の内容を見直す必要があることも。このように『栄養』から状態改善の足がかりを見つけ出すのも私たちの仕事です。管理栄養士からのデータはさまざまな職種のケアのエビデンスとなりうる。これができるのは医師でも看護師でもなく、私たち管理栄養士だけなのです」。
※1 地域栄養サポート自由が丘を拠点に活躍する管理栄養士は両氏を入れ2016年2月現在7名。

在宅訪問管理栄養士の
存在意義とは

しかし実際には、管理栄養士の役割はどこか補助的なイメージがある。在宅介護の現場に管理栄養士が加わることで、患者にとっては具体的にどんなメリットがあるのだろう。
「看護師や理学療養士のように手技のイメージが付きやすい職種と比べて、私たちの「手技」はわかりにくいと思われているのも事実です。だからこそ結果を出すことが重要です。『これ食べていいよ』と言うことは誰にでもできますが、私たちは『今のこの人にはこの栄養素がこれだけ必要だから‥‥』、と根拠に基づいた数字を念頭に置いて話すことで、食事に落とし込んだ提案ができる。管理栄養士が訪問できるのは月に1〜2回。食事は毎日のことなので、大切なのは本人や家族など介護者の意識が変わること。それを促すのは栄養のプロだから持っている専門知識をいかに伝えられるかだと思うんです。さりげない食習慣のアドバイスや、具体的な調理法を教えることもあれば、必要に応じて専門家の立場から栄養補助食品を提案することもあります。利用者さんに自主的に行動してもらい、それが習慣となること。さらには、毎日のごはんを安心して楽しんでいただくことが私たちのゴールなんです」。実際、米山氏の指導のもと、栄養状態が改善し、生活状況や病状がよくなった人は多い。

求められるのは観察力、
そしてコミュニケーション能力。

米山氏が訪問するお宅のほとんどは高齢者で、独居の方も多い。そこでは一人ひとりの性格を見極めることも大切だという。「アイスクリームを寝る前に食べていた糖尿病の利用者さんがいらっしゃいました。その場合も頭から否定はせずに『寝る前に食べるより、昼間にするのはどうですか?』と、まずは本人が選び取れる行動を示唆します」。また、その観察力は本人が気づかない不調も見逃さない。「減量に成功したある利用者さんの食事中に口内で音が鳴るのに気づきました。痩せたことで入れ歯が合わなくなっていたんです。そのために知らず知らずのうちに食べやすいパンなどで食事を摂ることが増えていました。栄養バランスが崩れて体重が増えるのに加えて、低栄養になるのを未然に防ぐことができました」。その眼差しはご家族にも向けられる。「介護する人への心配りも忘れてはなりません。彼らが倒れてしまっては元も子もありませんから。ちゃんと気にしている人がいる、と感じてもらうことが大切です」。

さらに期待が高まる
「栄養」の可能性。

現在、「在宅訪問管理栄養士」の資格を持つ人は、全国にわずか約460人だという。一人ひとりの病態や生活背景に合った栄養の摂り方を提案することができる在宅訪問管理栄養士の仕事は、今後ますます需要が増えることは間違いない。米山氏は後輩育成のための活動や地域のネットワークづくりの活動も積極的に行っている。「各地域ごとに在宅訪問管理栄養士がいて、その役割をみんなが知っている。それが理想です。縁の下の力持ちのイメージを脱して、管理栄養士の「専門性」をもっとアピールしていかなければ、と思っています」。栄養の重要性の認知、あるいは在宅訪問管理栄養士の仕事への期待度は確実に高まってきているのを感じる。

米山氏が拠点とする「地域栄養サポート自由が丘」について詳しくはこちら

管理栄養士さん×ブイ・クレス

ブイ・クレスとの出会いはいつですか?
いつだろう(笑)。利用者さんに提案する栄養補助食品のひとつとして、この仕事をしながらその存在は当然のように知っていました。
ブイ・クレスのどんな点が好きですか?
配合成分です。やはりこれだけ配合していると栄養素が足りていない人に薦められます。味がおいしいというのもとても重要です。食が細くなったり偏っている方に「これ飲んでみて」と薦めるわけなので、自分でもおいしいと思っていないと。
パッケージデザインも可愛いですよね。自分のためにも自然に飲める、というのもポイントが高いです。みんなで「明日撮影だから飲んでおこう!」とか(笑)
米山さんにとって、ブイ・クレスはどんな存在?
その方の状態に合わせて「この人には鉄を配合していないニューベリーズ」「あの人にはたんぱく質(コラーゲン)を摂れるCP10」など、適切な提案ができるので、頼れる存在です!
個人的に好きな味はどれですか?
一番新しいCP10が好きです。コラーゲンペプチドが入っているのもポイントが高いです!

管理栄養士さんも頼りにしているブイ・クレスのご購入はこちら


ブイ・クレスのご購入はこちら ブイ・クレスのご購入はこちら