ビタミン・ミネラルを配合した“飲むサプリメント”、ブイ・クレスの公式サイトです。

ブイ・クレス公式サイト

雑誌『栄養と料理』連動
管理栄養士さん×ブイ・クレス

たたかう やさしい科学者たち。

ブイ・クレスを発売して20年以上。今では病院や介護福祉施設にとどまらず、在宅介護やスポーツ栄養の分野、美意識の高い女性の方、または身近な日常のサプリメントとして、さまざまな方面でご活用いただけるようになりました。そのなかでブイ・クレスともっとも長い期間、もっとも近い存在であった職種は「管理栄養士」です。ブイ・クレスの20年は、管理栄養士の皆様に支えられた20年と言っても過言ではありません。
管理栄養士の皆様と長年ともに歩んできたニュートリーは、“やさしい笑顔の奥に科学者としての志を静かに秘めている管理栄養士”という職種を尊敬しています。そしてその姿は、“かわいらしいパッケージとおいしいテイストに、科学的根拠に基づいて設計されたブイ・クレス”と重なっているようにも思えます。
雑誌『栄養と料理』と連動した「たたかうやさしい科学者たち。~管理栄養士連続リポート~」をご覧ください。

管理栄養士さんの2人にひとりは知っています。 管理栄養士さんは自分のために飲んでいます。

調査内容:「管理栄養士の企業・製品認知度調査」に関する調査/調査目的:当社および当社製品に関する管理栄養士の認知度の把握/調査時期:2015年6月25日~6月30日/調査対象:管理栄養士・栄養士のコミュニティ エイチエ会員/回答総数:242名/調査方法:WEB調査/調査主体:ニュートリー株式会社

  • Vol.1
  • Vol.2
  • Vol.3

福島工業株式会社 フーズコンサルタント室
主任 青木そのこ氏

人の心を動かすのは、栄養学の確かな知識と“おいしさ”への情熱。

クライアントである株式会社ボニカ・アグリジェント 岡永寿江氏(左)、青木そのこ氏(中央)、同僚のH&C事業部 主査 冨田雅美氏(右)

わたしとブイ・クレス

品質もおいしさもアップする
独自の調理法とは

青木氏が勤める会社、福島工業は業務用の厨房機器メーカー。業務用冷凍冷蔵庫や冷凍冷蔵ショーケースその他、温度管理技術を応用した機器の製造販売を行う。中でも特に注目されている厨房機器がブラストチラー(急速冷却機)だ。福島工業は、調理において「冷却」も重要な工程のひとつと捉え、衛生面や効率はもちろん、特においしさを追求する独自の調理法「冷却調理」を提案している。作業時間を短縮し、菌の増殖を防ぐことで、大量調理の現場、特に病院・施設などの需要が多い。青木氏は、こうした厨房機器の調理提案のセミナーや、導入時のコンサルティングを担当している。「一度召し上がければ、納得いただけます」と語るとおり、冷却調理した食材や料理の味に感動する人は多い。

管理栄養士だからこそできる
コンサルテーション

展示会やセミナーなどでも注目を集めているブラストチラー。青木氏がまずアピールするのは、急速冷却・凍結した食材の安全性と栄養価の高さだ。安全性の向上、作業の効率化、従来調理に比べ栄養価がアップする、といった冷却調理の効果を科学的なデータを基に数字で迫る。その根底には管理栄養士としての基礎知識がある。でも、最後の決め手は、実際に調理した食材や料理を食べてもらうことだという。「導入を迷われている方にはショールームに来ていただいて、調理工程をご覧になり、実際に料理を食べていただくことで、導入が決定!ということも少なくありません」。フーズコンサルタント室として伝えたいことはたくさんある。でも、彼女がなにより伝えたいのは"おいしさ"だ。

“おいしさ”を伝えたいという
一貫した情熱

青木氏が、管理栄養士になると決めたのは、高校卒業時。人を『食べること』で元気にできる仕事だ、と思ったのだ。最初の職場に選んだのは病院。病院勤務の5年間で調理の楽しさを知ると同時に、さまざまな葛藤もあった。「病院食は時間厳守。味が二の次になってしまうことも」。食材の本来のおいしさが生かされないことも、厨房機器が使いこなせていないことも気になった。
「ほかの現場も見てみたい」という思いで、次に選んだ職場は食品メーカー。病院や施設の管理栄養士や調理師向けに嚥下(えんげ)食の調理実習を行う部署に配属された彼女は、全国の病院・施設をつぶさに見て回ることになる。「厨房機器が活用されていないなぁ、と気になりました。調理後の冷却が必須の嚥下食にこそ、冷却調理機器が活躍するのに」。青木氏が、現職につくことになるのは必然だった。

顧客との協働から生まれるよろこび

導入後のアフターケアも大切な仕事である。地方だけで知られていた名産品を、全国レベルで流通させるための加工品開発といった6次産業推進や、病院・施設はもちろん、外食やスーパーマーケット、食品工場など、冷却調理の可能性は、食に関するあらゆる業種へと広がっている。「この仕事をしていてよかったと思うのは、顧客との信頼関係が築けたときです」。埼玉県三郷市のボニカ・アグリジェントもそんな顧客のひとつである。代表者の岡永氏は、三郷野菜のブランドづくりを目指してブラストチラーを導入。丹精込めた野菜のおいしさを最大限に引き出し、全国の人に味わってもらうための加工品の開発を進めている。それは、岡永氏の持つ生産者の知識と、青木氏の管理栄養士としての専門知識とのコラボレーションでもあるのだ。今日も、お客様とともに彼女のさらなる"おいしさ"へのチャレンジは続いている。

わたしとブイ・クレス

ブイ・クレスとの出会いはいつですか?
病院で働いていたときから知っていました。最初に出会ったのは、展示会かな。今は毎日飲んでます。
ブイ・クレスのどんな点が好きですか?
まずは、味。しみ込む感じがいいですね。そしてもちろん、栄養素の配合量も信頼できます。
青木さんにとって、ブイ・クレスはどんな存在?
毎日飲むようになったのは食品メーカーで、全国を飛び回るようになった頃。今ではもう生活の一部になっているので、飲み忘れると不安になる、そんな存在です。
管理栄養士なので自分の食事の栄養素には日ごろ気をつけるようにしています。今日は食物繊維が足りていないなとか。そんなふうに気をつけていても足りなくなるのがビタミン・ミネラル。サプリメントにうまく頼るのも大事ですよって、同僚にも薦めています。
個人的に好きな味はどれですか?
キャロット味。この味、“きいている”って感じがするんですよね(笑)。最近はコラーゲン・ペプチドが入ったCP10も気に入ってます。

管理栄養士さんも頼りにしているブイ・クレスのご購入はこちら


ブイ・クレスのご購入はこちら ブイ・クレスのご購入はこちら