ビタミン・ミネラルを配合した“飲むサプリメント”、ブイ・クレスの公式サイトです。

ブイ・クレス公式サイト

開発に関わった金谷先生インタビュー

※掲載内容は、公開当時のものです。

ブイ・クレスの開発に携わった金谷節子先生(金谷栄養研究所 所長)に、誕生のいきさつや苦労された点などについて伺いました。

金谷節子先生
金谷栄養研究所 所長
浜松大学 健康プロデュース学部健康栄養学科教授 金谷節子先生

開発のはじまり

私がブイ・クレスの開発に関わることになったのは、今から20年近く前のこと。
当時の勤務先の病院で、一旦退院された方が、体をボロボロに壊して病院に戻ってくる姿を何度か見かけたことがきっかけでした。
それらの方を調べてみると、多くの方がご自宅での偏った食習慣による栄養不良を起こしていることがわかりました。
入院中だけでなく退院後も、いかにバランスの摂れた栄養摂取を続けてもらうか? それが私にとっての大きな宿題となっていったのです。

栄養素の必要量は誰でも同じ?

「Each meal perfect―食事の都度、必要な栄養素をもれなく摂りなさい」と言われますが、普通の食事だけでは摂りにくい栄養素があります。
その代表格がビタミンですね。一昔前まで「すべての栄養素は食事で賄うべきだ」という考え方が私たち栄養士の間でも主流でした。
しかし、現実問題としてそれは困難です。

足りない分は補助食品も採用すべきじゃないかというのが、当時の私の率直な気持ちでした。
もう一つ気になっていたのは、必要とされる栄養素の量です。
一つの目安として厚生労働省が発表する「日本人の食事摂取基準」はありますが、単純に全ての人に当てはめてしまって良いのか?
遺伝による個人差や日々の体調の変化など、人や摂るタイミングによって実は足りない場合もあるのでは?
突き詰めて考えていくと、結局、個人にとって何がどれだけ必要なのかは、確率論になってきます。

それなら、最初から多めに設定しておいた方が、より多くの人の要求量に応える可能性が高くなると思ったわけです。
もちろん、摂りすぎると良くない栄養素もありますが、例えば、ビタミンCなどは体内で余った分はすぐに排出されます。
過剰症の心配がありません。要は、各栄養素の体内での動きや流れを理解していれば問題ないということです。

ビタミンの「におい」

こういった考えをニュートリー株式会社(当時社名:三協製薬工業株式会社)の方とお話をしていく中で、
ブイ・クレスのコンセプトが固まっていきました。
ただ、それを実際に製品化するのは、かなり難しいことだったと思います。
とくに高い壁であったのが、ビタミン特有のにおいの問題。
多量のビタミンを食事の延長として美味しく摂れるようにするには、そのにおいを上手に隠さなければなりません。
これにはニュートリーの開発の方もかなり苦労したと聞いていますが、結果的にたいへん満足のいくものに仕上げてくれました。

私自身が飲んで納得したものを

こうして完成したブイ・クレスですが、皆さんに提供するにあたっては、まず私自身が実際に飲んでみました。
朝・昼・晩にブイ・クレス各1本だけ、その他は何も摂らないという究極の食生活を1週間つづけてみて、血液データをとってみたんです。
結果、安全面でも成分面でも太鼓判を押せる製品であると、身をもって確認することができました。

現在は味の種類も増え、一般のご家庭にも活躍の場を広げているというブイ・クレス。
今後もより多くの方の健康に役立ってくれることを、開発に立ち会った者の一人として私も応援しています。


ブイ・クレスのご購入はこちら ブイ・クレスのご購入はこちら