ビタミン・ミネラルを配合した“飲むサプリメント”、ブイ・クレスの公式サイトです。

ブイ・クレス公式サイト

ブイ・クレストラベル誕生

「ブイ・クレスに、いつでも手軽に摂取できるタブレットがあればいいのに」、そんな待望論にお応えしたのが、ブイ・クレス トラベルです。
医療関係者をはじめ、たくさんの方から高い評価を得ているブイ・クレス。
その配合成分をタブレットに凝縮したブイ・クレス トラベルは、 ニュートリーが提案する新しいサプリメントのカタチです。
その開発にはどんな工夫が必要だったのか。ニュートリーの開発部隊、R&D部商品開発グループの開発責任者に語っていただきました。

Q. ブイ・クレス トラベルの完成までどのくらいの期間を要しましたか?

A. 初めに本製品の設計をしたのは、2009年の6月です。ラインテストまで9回の試作を行い、8ヵ月間かけて開発しました。正式な発売までの日数も入れると10ヵ月間にわたりますね。開発は、「設計→試作用の原料の調達→配合→何回も試作を繰り返し→品質チェック・ラインテスト→包材の決定」といった手順で進行します。私は設計はもちろん、ブイ・クレス トラベルの開発責任者として、ほぼすべての役割を担いました。もちろん要所要所では、上司や同じ開発メンバーと共同で動きましたが、実際に工場でスムーズに製造できるまでのすべてを担当しています。

Q. そもそもなぜこのような製品を開発することになりましたか? きっかけを教えてください。

A. 開発のきっかけは、ブイ・クレスユーザー様からのお声ですね。「毎日飲んでいるブイ・クレスを出張や旅先でも手軽に飲めるようになればいいのに」というリクエストがありました。ニュートリーの開発部隊、R&D部は、普段から、お客様の声がダイレクトに届く営業部門や通信販売部門と頻繁にコミュニケーションを交わしています。今回の開発においても、お客様のリアルな声を受け、一念発起して開発をスタートさせることになったんです。

Q. 開発にあたり、もっとも乗り越えるのが大変だった障壁は何ですか?

A. ブイ・クレス トラベルは、1粒あたりの栄養成分が市場に出回っている他のビタミン剤やサプリメントに比べて非常に多いのが特長です。 苦戦したのは、1粒あたりのサイズを小さくすること。また1日当たりの摂取錠数を増やさずに、タブレットとして固めること。ブイ・クレス トラベルの場合、ドリンクタイプのブイ・クレスと同等の栄養成分を3粒の中に凝縮するため、栄養を確保するための原料が多くなります。その一方で、タブレットとして固めるための原料が非常に少ないのです。栄養成分を妥協すれば楽にできる製品開発であったかもしれませんが、それはしたくなかった。だから栄養成分をキープしたまま、何度も試作を繰り返し、ようやく栄養成分を3粒に凝縮した製品を開発することができたのです。

Q. 栄養成分をキープできたこと以外に満足できたポイントはありますか?

A. それはやはり味ですね。味もやはりおいしくなければサプリメントは続かないので、妥協ができないポイントでした。栄養成分が多いため、味をよくして飲みやすくするために苦労しました。実際、9回の試作のうち、7回は味を整えるための試作でした。栄養も妥協しない、味も妥協しない、食べやすさも妥協しない。かなり高いハードル設定を自ら設定した分、道のりは長かったけれど、それを達成できたことで満足しています。

Q. 開発に成功したときの気持ちを聞かせてください。

A. ニュートリーでは、「粉末」「液体」「ゼリー状」の製品開発はよくあるのですが、タブレットの製品はブイ・クレス トラベルが初めてでした。最初はうまくできるか不安もありましたが、理想を保ちながら製品化が実現され、いまはホッとしています。

Q. ブイ・クレス トラベルをどんな方に食べていただきたいですか?

A. 栄養成分も、味も、食べやすさも妥協しないという点で、ブイ・クレスユーザー様にも、まだブイ・クレスをお試しになっていない方にも、ぜひ試していただきたいですね。「ブイ・クレスを、日常から離れたときでも手軽に摂りたい」というお客様のご要望から生まれた製品ですから、みなさまに寄り添える製品になれたらうれしいです。

  • ニュートリー株式会社 R&D部 ブイ・クレス トラベル開発責任者

ブイ・クレスのご購入はこちら ブイ・クレスのご購入はこちら