ビタミン・ミネラルを配合した“飲むサプリメント”、ブイ・クレスの公式サイトです。

ブイ・クレス公式サイト

20歳、サッカー選手。小さかった少年の“夢”を支えた母。

掲載内容は2013年5月公開当時のものです。
古田 寛幸/ふるた ひろゆき 日本プロサッカーリーグ J2 コンサドーレ札幌所属 No.15/MF

夜9時に帰っても、毎日食事を用意してくれた。

「子供の頃はそんなこと考えられませんでしたが、今は本当に感謝しています」。コンサドーレ札幌の古田寛幸選手にとって、“家族”は常にそばで自分を支えてくれる存在だった。中学校の時からコンサドーレのジュニアユースチームに入り、高校ではユースチームに所属、常に主力メンバーだった古田少年。当然、道内や本州、場所を問わず行われる試合や合宿のほとんど全てに参加してきた。それに伴う練習グラウンドや試合会場への往復、空港の送り迎えなど、そのすべてをまかなってきたのは家族だ。高校生の頃から寮生活をはじめたこともあり、母親の作る食事に関しては「あまり覚えていないんです」と、苦笑いする古田選手。だが、食卓には常に4〜5品の料理が並べられていたという。練習が終わって自宅に戻るのは連日、夜の9時過ぎ。もちろん次の日には朝ご飯を食べて学校へ出かける。毎日の食事の準備にかかる苦労は、容易に想像がつく。「好き嫌いはないので何でも食べましたが、一番好きだったのはハンバーグかな。特別なものではありませんが…。ただ『食べられなかった』ということは、一度もありませんでした。特にこちらからリクエストするようなことはありませんでしたが、ずっといい食事を出してくれていました」と、振り返る。

チームのフィジカルコーチが勧めてくれた、ブイ・クレス。

さまざまな経験から、人一倍、食事に気を遣うようになったという古田選手。3年ほど前、チームのフィジカルコーチに勧められてブイ・クレスを知る。「練習の後にほとんど毎日飲んでいます。スポーツをした後っていうのは体力を消費しているので、本当にありがたい。薬みたいな味がするサプリメントドリンクが多い中で、ブイ・クレスにはそれがありません」。かつて、母が毎日用意してくれた食事と、家族のサポート。合宿で教え導いてくれた周囲の大人たち、そして自らのカラダを気遣ってくれるチームのフィジカルコーチ。さまざまな想いを受け取って、ピッチの上に立つ古田選手。練習後のその手の中には今、ブイ・クレスがある。

コンサドーレサポーターのためのWebマガジン

古田選手が愛飲される"ニューベリーズ"はこちら!

カロリー控えめ! 甘酸っぱくさわやかなベリーズ味。

不足しがちな12種類のビタミンとミネラルを配合し、積極的な栄養管理をサポートします。鉄を配合せず、コエンザイムQ10、クロムを配合しています。ブルーベリーとストロベリー果汁をベースに使用し、甘酸っぱくさわやかな口当たりに仕上げました。
古田選手が愛飲されているブイ・クレス ニューベリーズについては、こちらのページにて紹介しております。

古田選手が愛飲されているブイ・クレス ニューベリーズについては、こちらのページにて紹介しております。

btn_to_shop_s


ブイ・クレスのご購入はこちら ブイ・クレスのご購入はこちら